doroidpanic.com

Sony Tablet Pシリーズ(ソニータブレット Pシリーズ)をイオンで激安購入

ソニータブレット Pシリーズをイオンで激安+MNP増額キャンペーン

噂になっていた、イオンの月々サポートMNP増額キャンペーンで激安運用が出来るSonyTabletシリーズを契約しました。


どれくらい激安かというと、2012年の3月中はDocomoにMNPするとMNP割が追加されて「月々サポート」が増額されます。
SonyTabletシリーズの月々サポートは元から2000円以上なので、MNPだと月々「4,305円」のサポートが受けられます。
なので、データプランフラット+SPモードの最小構成だと2000円ほどでネットし放題です。
もちろん、ダブルにすれば寝かせることもできます。

これだけでもすごいのに、イオンは端末代9800円や5000円のキャンペーン?をはじめていました。
イオンだと一括9800円からお取次ぎクーポンで5000円以下になったりする店があるみたいですが、猛者が多く在庫がなかなかありませんでした。

何とか友達と見つけた埼玉のイオンはお取次ぎクーポンを店側が使ってくれて、9800円でイオンの商品券5000円分という店でした。
猛者から言わせると高いと思いますが、もとものSonyTabletは欲しかったのと、ギャラネクなどに挿してネット専用端末にするSIMにもなるのでOKとして契約しました。


AndroidMarketアプリで該当するコンテンツはAndroidマーケットにありませんが出る。

Androidマーケットアプリで「すべてのゲーム」を選択したら
「該当するコンテンツはAndroidマーケットにありません。」と表示された。

該当するコンテンツはAndroidマーケットにありません。

全てのゲームなので無いはずはないので、Xperiaの設定の問題かと思ったけど
ノーマルのXperiaAcroでも同様の状態になったので、マーケットサーバ側のエラーかもしれない。

すべてのゲーム 該当するコンテンツはAndroidマーケットにありません。

その他の機種で試してみた。

  • Docomo Xperia Acro
    「すべてのゲーム」の「有料」「無料」が出ない。
  • Docomo GalaxyS
    「すべてのゲーム」の「有料」が出ない。
  • Docomo Xperia
    「新着」が出ない。
    • Googleが何か試してるのかもしれない。

XperiaSO-01BをAndroid2.3(Gingerbread)へのアップデート方法メモ

「XperiaSO-01BをAndroid2.3(Gingerbread)へアップデート」の通り、アップデートできました。

最初に言っておきます。
個人的メモですので、不具合等の責任はとれません。
あと、Docomoファームをいじったり、SPでテザったりは夢の中の話です。
XperiaSO-01BをAndroid2.3(Gingerbread)に出来た。

材料

2.3カスタム

今回導入したのは、2chでも有名なごろーさんカスタムなXperia2.3でX10版との違いはコチラ

  • Docomo化(SPモード配信と絵文字に対応)
  • 日本語フォント(モトヤマルベリ3等幅) Xperia Arcと同様
  • Mobile Bravia Engine
  • GPS改善(衛星の掴みやすさ)
  • wi-fi改善(繋がりやすさ)
  • Xrecover改善(USBストレージ接続関連)

流れ的なもの

流れとしては、まずxRecoveryを使って、仮の2.3環境にXperiaをします。
その後、2.3(GB)対応のxRecoveryにアップデートして、FlashToolでdocomo用ベースバンドに変換
あと、いつものSEUSで戻せなくなるそうなので、FlashToolでバックアップも事前にとります。

ファーム書き戻し

DOCOMO MULTITOUCH [2.0.1.B.0.19]を解凍したフォルダにuserdata.rarを解凍したファイルも追加して
FlashToolの「Advanced」から「Bundle Creation」を選んで解凍したフォルダを選択する。
ファイルを全て選択して右側の「Firmware content:」に移して 「Device:XperiaSO-01B」、「Version:2.0.1.B.019」、「Branding:docomo」と入力して、OKを押す。
「Finished bundle creation」と出ると完了で、firmwareフォルダに「XperiaSO-01B_2.0.1.B.019_docomo.ftf」が出来る。
これを使えば、DocomoRomに戻せる。

ファイル準備

prerooted_X10i_3.0.1.G.0.75.7zを7-zipで解凍して、「\sdcard\xrecovery\backup\」にフォルダごと保存。
xRecovery_0.3_GBready.zipはそのまま「\sdcard\xrecovery\backup\」に保存してください。

2.3へのアップデート

xRecoveryを起動したら、「Backup and restore」から「prerooted_X10i_3.0.1.G.0.75」を選択してリストア

XperiaSO-01B Android2.3(Gingerbread) xRecovery

完了したら、再起動はしないで「Factory reset (full wipe)」と「Wipe cache partition」
「Advanced Option」の「Wipe Dalvik Cache」「Wipe Battery Stats」を実行する。
その後、xRecoveryをインストールするので、「Install custom zip」から「Choose custom zip from sdcard」で
「xRecovery_0.3_GBready.zip」を選択してインストール

XperiaSO-01B Android2.3(Gingerbread) xRecovery Xperia二台

これで2.3+2.3対応xRecoveryにはなりました。
次にflashtoolでベースバンドを変更します。

ベースバンド更新

Xperiaの電源を切ってしばらく置いておく。
その間にPCでflashtoolを起動して、「flash」ボタンをクリックして一覧にある「x10i」を選択して右のファイルをすべて選択してOKをクリック

XperiaSO-01B Android2.3(Gingerbread) flashtool

Xperiaと接続する表示がでるので、電源OFFのXperiaの戻るボタン(←)を押しながらUSBケーブルでPCと接続する。
接続が上手くいくと、ファイルの書き換えが始まります。

Xperiaの戻るボタン(←)を押しながらUSBケーブルは失敗すると普通に起動してきて
flashtoolでERRと出るので、電源をOFFにしてやり直してください。

書き換えが終わると自分の場合はflashtoolの画面に「turn on Unknown Sources and Debugging」と出ました。
XperiaSO-01B Android2.3(Gingerbread) flashtool Debugging

完了!再起動

これで完了です。
XperiaをPCからはずして起動すれば言語選択画面になります。
※最初の起動はソニーエリクソンロゴで結構時間が掛かりました、しばらく待ちましょう。

XperiaSO-01BをAndroid2.3(Gingerbread)

その他

ADBドライバの問題でDDMSがXperiaを認識しなくなりました。
butsu-yoku.netに調査をお願いしてあります。

XperiaSO-01BをAndroid2.3(Gingerbread)へアップデート

XperiaSO-01BをAndroid2.3(Gingerbread)へアップデートしました。
友達と調べながら2.3へXperiaをアップデートしたので、スクリーンショットと写真は満載です。
いま2.3の使用感を確認してるので、詳細なアップデート方法などはおってメモします。

XperiaSO-01BをAndroid2.3(Gingerbread)

2.3へのアップデート当初は動作が重かったりしたのですが、しばらくたつと普通になりました。
SPモードアプリもインストールできて、メールも送れました。
カメラも2.1標準と同じ見た目で、標準テザもiPhoneからアクセスできました。(料金はまだ調べてません。。。)

2台同時作業後に、XperiaPlayと並べて見ました。
XperiaPlayはちょっと画面の明るさが暗いです。

XperiaSO-01B Android2.3アップデート

XperiaSO-01BをAndroid2.3にすると、DDMSが認識しなくなったので
Windows7とXPでドライバを確認中・・・・

10in1マルチ充電USBケーブル購入

会社で充電する端末(Xperia初代、iPodTouch、3DS)がもともと多くて困っていたが
最近、XperiaPlayやiPhone4白など購入してもっと増えました。

そんなのときにgigazineでふざけたケーブルが紹介されたので購入しました。
2日ほどで届いたので、さっそく開封。

10in1USB

ふざけてるな~と思いながら見てみると
一番ほしい、Micro-USB Bタイプが無い。
そのかわり、PSPなどのミニBオスが2個ついている。
10in1_ERR_USB

早速購入もとの上海問屋へ連絡して、新しいのを送ってもらいました。

10in1_USB

通信は出来ませんが、充電ケーブルには困らなくなりました。

Xperia Playのアップデート

Xperia Playにアップデート通知がありました。

さっそくXperia Playをアップデートしてみます。
通知領域のアップデート通知をOKして、ダウンロード開始。

b-mobileのU300では時間が掛かりそうだったので
Xperia PlayをWifiに切り替えて実行したところ、さくっとダウンロード完了

確認画面が表示されるので、OKを押すと再起動します。

Xperia_Play_updata

しばらくすると、起動してきて
XperiaSO-01Bの2.1Xアップデートでもおなじみだった
アップデートしてますよ。画面が表示されます。

Xperia_Play_updata_reboot

しばらく見ていると完了。
Xperia_Play_updata_end

なにがアップデートされたのかとワクワクしながら確認。
カーネルバージョン「2.6.32.9-perf SEMCUser@SEMCHost#1」
Androidバージョン「2.3.2」
何も変っていない。。。
Xperia_Play_updata_version

どこが変ったのか?と思っていると
見知らぬアプリが増えている。
Xperia_Play_updata_BBC_iPlayer

BBC iPlayer??もしかして
このアプリのために再起動までしたのか?。。
名前からしてそれなりに予想はつきますが
もしかしたらすごいアンドロイドアプリかも知れないので起動してみる。
Xperia_Play_updata_BBC_iPlayer_exec

さすがSonyEricssonは裏切りませんでした。
予想通りの「イギリス放送協会」アプリです。
これで世界のニュースにアクセスするのが便利になりました。
「bbc iplayer」でググルと「proxy」がついて来ます。
プロクシをいじってまで特定のニュースが欲しくなることは無いと思うので
BBC iPlayerについては、そっとしておこうと思います。

他には何かアップデートで変っていないか?
XperiaPlayを適当にいじってみましたが、今のところ変ったところはありませんでした。

ソニーエリクソンの英国サイトをみましたが
XperiaPlayのアップデートはわかりませんでした。
英語が中学生レベルだからかも知れません。

※Xperia Playは技適マークがないので、国内でWi-Fiは使ってはダメです、その辺は夢の話です。

Android2.3と3.0のイースターエッグ(Easter egg)

Microsoft Excelなどでゲームが出来たりと
最近減ってきましたが、遊び心満点の隠し機能イースターエッグ(Easter egg)
それがAndroid3.0なMOTOROLA XOOMレビューで紹介したXoomに
イースターエッグ(Easter egg)が存在しました。

Androidバージョンを連打するとHoneyCombのハチが表示されます。

Xoom_Easter_egg

もしかして・・と思って
XperiaPlayで試したら出ました。
Androidバージョンを連打するとXperiaPlayでもイースターエッグ(Easter egg)が存在しました!
Gingerbread君?とドロイド君?のちょっと怖い画が表示されます。
なぜか周りの人はガイコツ?Googleのセンスが分かりません。
多分XperiaPlayに限ったことではないと思いますが、

Xperia_Play_Easter_egg

ついでにXperia SO-01BとGALAXY S SC-02Bで試しましたが出ませんでした。
Android2.3移行のネタなのでしょうか?

悩んでも仕方が無いので、Nexus Sでチャレンジ!
Nexus_S_Easter_egg
でました、なぞの怖い画が。

やっぱりAndroid2.3からのようです。
ちなみに、アンドロイド2.3系は怖い画をタップすると「Zombie art by Jack Larson」と表示されます。
作者?でしょうか?
アンドロイド3系は「REZZZZZZZZ….」と表示されます、もっと意味不明。
Zombie art by Jack Larson

Xperia Playの運用(wifi編)

Xperia Playをb-mobileのU300で運用してみましたが
ネットやメールは問題ないのですが、アプリダウンロードは厳しかったので別の方法を検討しました。

XperiaPlay_1

いろいろ考えましたが、SPモードはつながらない・・・
moperaは高くなる+SPモードメールが使えなくなる。。
UQ WiMAXのモバイルルータは使わないので、このまえ解約したばかり・・
b-mobile fairは価格感がいまいち・・
ということで、考えた結果
「U300」+「公衆無線LAN」にすれば
メールはどこでもできて、場所によっては高速にネットができる!
という事を思いついた。

さっそく公衆無線LANのプランをざっと見てみる。

  • livedoor Wireless
    山手線圏内を中心に展開していて、主にルノアール、ヨドバシカメラ、サブウェイで利用可能
  • HOTSPOT
    NTTコミュニケーションズが運営していて、アクセスポイント数は4000以上ある。主にJR駅構内(主要)、東京メトロ、都営地下鉄、ドトール、スターバックスコーヒー、モスバーガー 、タリーズコーヒーで利用可能
  • Mzone/mopera U
    アクセスポイント数が6800以上あり、mopera Uやspモード契約者はオプション料金で、それ以外はMzoneでの契約となる。範囲はほぼHOTSPOTと一緒
  • フレッツ・スポット
    アクセスポイント数が9000とおおいが、各ISPへの中継用なので、他のフレッツ対応ISPと契約すると使える。接続にPPPoE認証が必要なので、機種を選ぶ。
  • BBモバイルポイント
    マクドナルドなどの無線LANはコレ、JR駅構内(JR東日本/JR西日本)、マクドナルド、成田エクスプレスで利用可能

いろいろあって、500円以下のものからあり、範囲が様々なので注意が必要
いつも使う場所は通勤の東京メトロと都営地下鉄なのでHOTSPOTにしようかと調べていたら
ローミングプロパイダというものがあり、格サービスをローミングして複数使うことができるプロパイダがあった。
そんな中で、今回選んだのは「WIRELESS GATE」で
「BBモバイルポイント、livedoor Wireless、ホットスポット、エキLANスポット、東海道新幹線N700系車内・駅待合室、羽田空港ビッグバード無線LAN、成田空港エアポートネット」に対応していて、組み合わせによって3プランが用意されている。

今回はメインの地下鉄がつかえる「ホットスポット+プラス」を選択してみた
月額480円で、「ホットスポット、livedoor Wireless、 成田空港エアポートネット」が使える。
ホットスポットだけを契約しても、地下鉄などを範囲に入れるプランだと800円以上するので
livedoor Wirelessもついててお得なので、コレにした。

契約を済ませて、さっそくアプリをインストールしてみた。

XperiaPlay_2

マーケットの評判どおり、ウィジェットと通知領域に出てきてウザイ。。
都営と東西線で試したところ、駅に着くたびにLANをつかんでくれる。

速度はまだ量ってませんが、かなり早いです。
アプリのダウンロードもさくさくです。

いまいちサービスが多すぎでわかりにくいので
もうちょっと使ってみて調べてみます。

※Xperia Playは技適マークがないので、国内でWi-Fiは使ってはダメです、その辺は夢の話です。

Xperia Playの運用

Xperia Playをせっかく買ったので、運用を検討してみた。

使い方としては、Xperia(初代)は気に入っているので
たまに遊ぶ2台持ちにする予定。

sim 4

SIM差し替えも考えながら、イロイロ調べたら。

●Docomo SPモード
APにつながらなかった。
スマートフォンケアに聞いたら、対象機種以外はNG+パケホ対象外になる可能性大との事、多分「10,395円」コース

●Docomo mopera
きっといけるはず、だけどコレもパケホ対象外になる可能性大との事。
もし、技適マークありの機種をDocomoに持っていっても、テザリング機能がある場合は「10,395円」コースになるそうです。
「IMEI」とかで見て、ホワイトリスト以外はアウト扱いにする?ようです。(詳しくは分かりません。)

●UQ WiMAXのモバイルルータ
持ち物増える+技適マークないからホントはNG

●ヨドバシカメラのSIM
詳しくはわからないけど、「パケット使い放題のプランで月額4,995円」安いと思う。
だけど約5000円なら差し替えて「10,395円」コースでも良い様な気がしてくる。

●b-mobile fair
回線速度が早くてお試し(縛りがない)のは良いけど、120日間または1Gは自分としては9,800円の価値がなかった。

●b-mobile U300
300kb縛りで絶対に早くない、でも安い&縛りがない。

6ヶ月+1ヶ月のお得なパッケージがまだアマゾンに残っていたのと
差し替えが面倒に感じてきたでの、結果として「b-mobile U300」に決定。

2日程で届いたので、さっそく開封
b-mobile U300

b-mobileのロゴはなくて、完璧にDocomoのFomaカードです。
Foma

まず「186-0120-915-886」へ電話して、SIMカードのb-mobile U300の電話番号?を入力します。
番号はSIMカードのケース裏にテープで貼ってあります。

5分ほどで利用可能になるといわれるので
APの設定を行う。

パッケージに記載されている下記設定を行う。

AP名:bmobile
APN:dm.jplat.net
ユーザ:bmobile@sw
パスワード:bmobile

b-mobileのHPだと

AP名:bmobile
APN:dm.jplat.net
ユーザ:bmobile@u300
パスワード:bmobile

ユーザ名が違うけど、どっちでもつながりました。

U300

使った感想ですが、とにかく遅い。。
W-ZERO3を使っていたことがありますが、それに近い物を感じました。

アプリのダウンロードはちょっと厳しいかもしれない。

※Xperia Playは技適マークがないので、国内でWi-Fiは使ってはダメです、その辺は夢の話です。

Xperia Playで遊んでみた!

Xperia Playで遊んでみた。
Play_clash
クラッシュ・バンディクーをやってみましたが、ラグもなく結構遊べます。

よくわかってないのですが、クラッシュ・バンディクーと他のゲームは扱いが違う?ようで
Androidアプリで、Xperia Playに最適化されたものと
クラッシュ・バンディクーはPlayStation Suiteのコンテンツのようです。

他のゲームを探してみると、アサシンクリードなど、結構イロイロありました。
※アサシンクリードはアクセスしたら、ありません適な表示になりました。
list

あと本体カラーは黒のみだと思っていましたが
発売日くらいに白もあると知って、Xperiaが白なので迷いましたが
今回の黒は光沢のあるきれいな黒なので、満足しています。
ura

ケースの情報はあまりないので、ガジェット系の情報サイトを見ながら探しています。
Engadget
物欲.ネット