スマートフォン&モバイルEXPOに行ってきました。

スマートフォン&モバイルEXPOに行ってきました。
東京ビックサイトで行われる、スマートフォンやモバイルに関する、ソリューションやサービスが一堂に出展する専門展で
同時開催で「データストレージEXPO」「情報セキュリティEXPO[春]」「クラウドコンピューティングEXPO[春]」なども同時に行われていました。

スマートフォン&モバイルEXPO招待券

NTT DOCOMOなど、様々な企業が出展していました。
スマートフォン&モバイルEXPO_NTT_DOCOMO
ドコモはみずほ銀行とリリースした『おうちのおかね』アプリのブースがありました。
公共料金の支払いや家賃の支払いなど、家計管理のイロハを教えてくれる本のARアプリ
スマートフォン&モバイルEXPO_NTT_DOCOMO_Mobile

日産の電気自動車「LEAF」も「iPad」との連携を紹介していました。
次世代ナビゲーションアプリによる電気自動車とiPadの連携デモで
CAN情報を車からiPadに送り、iPadはゼンリンのルート情報などを取得することで
現在地周辺の充電施設の案内や車両情報を元に、充電施設へのナビゲートを行ってくれるとのことです。
CMでやっている、iPhoneで車の鍵をロックしているのの関連のようです。
スマートフォン&モバイルEXPO_ipad_leaf

一部マニアに人気のSlingBoxも出展していました。
フルセグ放送を自分の家からストリーミング配信するようなもので
Android端末などからアプリを通じてアクセスして、視聴します。
昔Sonyから出ていた、ロケフリの進化版です。
ちょっとほしいのですが、遊びにしては3円代はちょっと高い。。。。
ブースでは3000円割引のクーポンが配られていました。
スマートフォン&モバイルEXPO_SlingBox

マウスコンピュータはタブレットを主に展示していました。
Android3.X系かと思いましたが、残念ながら2.X系でした。
使い慣れたインターフェースですが、やはり3系のほうが大画面に適したインターフェースなのでちょっと残念。
他にもWindows7搭載のタブレットもありましたが、モバイルとして考えるとちょっと現行のWindowsでは厳しいと思います。
スマートフォン&モバイルEXPO_MouseComputer

意外と知られていない大手のアカマイテクノロジーズ合同会社も出展していました。

「インターネットの現状 2011年第2四半期レポート アジア太平洋地域」という資料をもらいました。
トラフィックの詳細リポートで、攻撃トラフィックの上位レポートや世界各国のピーク時の平均接続速度のレポートが面白いです。

平均接続速度は上位を「日本」「韓国」が独占しており、日本の57都市がエントリーされ、韓国もそれに続く数がエントリーされています。
くしくも、1位は2位は韓国に奪われましたが、3位の東海(42.3Mbps)は1位の馬山(44.4Mbps)に僅差まで迫っています。
50位の函館でも28.8Mbpsなので、気にしたことはありませんでしたが、表にしてみると日本はかなりはやいと感じました。
スマートフォン&モバイルEXPO_Akamai Technologies

海外旅行に最適なローミング可能な携帯、最近は海外でのパケット定額プランを各社用意していますが
それでも1日3000円ほどと、国内を考えると安くは無いです。
AndroidやiPhoneなどのスマートフォンは通信してナンボですので、悩ましい部分でした。
この、INTER COMMUNICATIONSのWi-Fiレンタルは海外で1日1280円からという格安の料金プランです。
USBタイプや5台まで接続できるWiFiルータタイプを用意しており各国際空港に受渡カウンターがあるので海外にいくときは良いですね。
スマートフォン&モバイルEXPO_WiFi

最後に、Yahooのリスティング広告も出展していて、ノベルティーで時計をもらいました。
スマートフォン&モバイルEXPO_Yahoo.co.jp_clock_ヤフー時計

10in1マルチ充電USBケーブル購入

会社で充電する端末(Xperia初代、iPodTouch、3DS)がもともと多くて困っていたが
最近、XperiaPlayやiPhone4白など購入してもっと増えました。

そんなのときにgigazineでふざけたケーブルが紹介されたので購入しました。
2日ほどで届いたので、さっそく開封。

10in1USB

ふざけてるな~と思いながら見てみると
一番ほしい、Micro-USB Bタイプが無い。
そのかわり、PSPなどのミニBオスが2個ついている。
10in1_ERR_USB

早速購入もとの上海問屋へ連絡して、新しいのを送ってもらいました。

10in1_USB

通信は出来ませんが、充電ケーブルには困らなくなりました。

iPhone4ホワイトモデル購入

先日ネットを見ていたら、28日にipad2が発売されるとの情報があり
買おうかな。。と考えていると、iPhone4のホワイトモデルも発売されるとの情報もあった。
確認してみると、震災の影響でSoftBankは大々的に発表してないが、Apple日本を含む各国でiPhone4のホワイトモデルを発売を開始するとの事。

iPodTouchを持っていて、携帯もXperiaユーザなので、iPhoneは良いとは思うけど、そんなにほしくは無かった。
けど、発売のニュースを見てたらだんだんホワイトモデルが欲しくなってきた。。白ってカッコいい。
現行のiPhone4(ブラック)はパケット通信をしないで、Wifi運用すれば最安で月々3000円ほどで運用できる。
iPhone4のホワイトモデルもまさか、値上がりしないだろうと考えて
月々3000円ほどで電話もちょっとできるiPodTouchって安い気がして、iPhone4のホワイトモデルがほしくなりました。

さっそく28日の朝にSoftBank麻布店に電話してみたら、iPhoneのホワイトモデルは100個は無いけど、入荷はしてるとの事。
ただ、希望者が多くて込み合ってるとの事。
まずい、早く行かなければ。

13時ごろにソフトバンクショップへ友達と行くと、かなり混んでいる。。いつもそんなに混んでないのに。。
整理券をとって、iPhone4ホワイトの16Gモデルの在庫を質問してみると、まだ有るとの事だったので
手続きの順番が来るまで、昼飯をとる。
飯を食べてる間に、月々500円プラスで32GになるならiPhone4は32Gにしたくなったので
30分後くらいにショップにいって32Gの在庫を聞くと、16より少ないけど有るとの事なので、iPhone4ホワイトの32Gモデルを契約

iphone_4_white

プランは最小限で「ホワイトプラン」、「S!ベーシックパック」と
月額を抑えたいので、パケット定額は下限のある「パケットし放題」を選んだ。

※注意点として、月々1029円からの下限が有る「パケットし放題」だと端末補助が「1440円」で
月々4420円の「パケットし放題フラット」だと端末補助は「1920円」になるので
普通に3Gで通信する人はパケットは上限に達するだとうから「パケットし放題フラット」がお勧め。

自分は3Gの通信はしないで、電話のできるiPodTouchを目指したのでプランはこうなった。

  • ホワイトプラン:月額980
  • パケットし放題:月額1029円
  • S!ベーシックパック:月額315円
  • 端末代:月額2400円
  • 端末補助:月額△1440円
  • グローバル何とか:8円
  • 合計:月額3292円

メインはXperiaだし、ワイヤレスゲートも契約したし、自宅ならWifiがあるので
たぶんiPhone4ホワイトで3Gをきっても問題はなし。

さっそく、3G通信しないように設定を変更
「3Gをオンにする」は電話などの通信なので、オンのままで(オフだと圏外です。)
「モバイルデータ通信」をオフにすれば、パケット通信は発生しない。

iphone_4_white_setting

メールを設定しようとしたら、「i.softbank.jp」の設定って3Gじゃないとできない。。。
パケット上限にどきどきしながら、ちゃちゃっと設定を行って、再度データ通信を無効化。

これで、電話の出来る白いiPodTouchの出来上がり。