PayPalのPayPal Express Checkoutを使ってみた-サンドボックスの設定からPHPソースまでその1

PayPal決済のExpressCheckoutをPHPで実装するときのメモ

PayPalのエクスプレスチェックアウトとはECサイトなどからPayPalのサイトを経由してPayPalのクレジットカード決済を利用するための仕組み。


PayPalのサイトより


エクスプレス チェックアウトは、PayPalアカウントへ事前に登録したクレジットカード番号や配送先情報を使用して決済をおこないます。そのため、購入者はクレジットカード情報を入力することなく、PayPalアカウントにログインし、シンプルな確認および承認作業をおこなうだけで、決済を完了できます。スムーズな決済フローで、かご落ち率の減少に貢献します。

PayPalにはサンドボックスというテスト環境が用意されているのでまずは、サンドボックすのアカウントをさくせいします。

サンドボックスのアカウントが作成できたら、PayPalのサンドボックスへログインして、Test Accountsを作成します。

アカウントはAccount TypeでBuyer(買い手)、Seller(売り手)を作ることが出来きます。
とりあえず、WEBサイトに組み込んでの決済なので、Website Payments Pro以外の2アカウントがあれば、OKです。

  • Country:国
  • Account Type:ユーザーのタイプ
  • Login Email:ログイン用メルアド
  • Password:パス
  • Add Credit Card:架空のクレジットカード
  • Add Bank Account:架空の銀行口座が設定
  • Account Balance:PayPal口座の残高
  • Notes:メモなので、適当に。



PayPalのテストアカウントができたら、次はソースコードです。
PayPalにはASPやPHP、JAVAなどのソースが公開されていますが、今回はintegrationwizardでPHPのソースコードを作成します。

integrationwizardへアクセスして、ウィザードにしたがってソースを作成していきます。

https://www.paypal-labs.com/integrationwizard/ecpaypal/main.php

今日のところは、ここまでで、くわしくは続きで書きます。

mysqlのリカバリーでmysqlbinlog: unknown variable ‘default-character-set=utf8’

mysqlがクラッシュして、binlogを確認しようとしたら

[root@cl.051.db ~]# mysqlbinlog /var/mysqld/mybin-log.000121
mysqlbinlog: unknown variable 'default-character-set=utf8'
[root@cl.051.db ~]# 

my.cnfの[client]にdefault-character-setが指定されていることが原因のようなので下記のコマンドにしたら、OKだった。

[root@cl.051.db ~]#mysqlbinlog --no-defaults /var/mysqld/mybin-log.000121