Android minSdkVersion の引き上げ

昔のアプリを久しぶりに修正しようと思ったら、minSdkVersionを引き上げる必要があった。

Error:Execution failed for task ':flatalk:processDebugManifest'.
> Manifest merger failed : uses-sdk:minSdkVersion 9 cannot be smaller than version 14 declared in library [com.android.support:appcompat-v7:26.0.0-alpha1] /Users/admin/.android/build-cache/df7faf3c442bb6a7448aef64241ef184a528/output/AndroidManifest.xml
Suggestion: use tools:overrideLibrary="android.support.v7.appcompat" to force usage

引用: 
https://developers-jp.googleblog.com/2016/12/google-play-services-and-firebase-for-android-will-support-api-level-14-at-minimum.html

次にリリースされる予定のバージョン 10.2.0 では、最小サポート API レベルが 9 から 14(Android 4.0.1、Ice Cream Sandwich)に引き上げられる予定です。この変更は、2017 年初めに実施される予定です。

Google Play サービスや Firebase を利用する Android アプリへの影響
バージョン 10.0.0 の Google Play サービスや Firebase は、現在と同様、問題なく利用できます。Gingerbread 端末でも今までと同様に動作します。
アプリの最小サポート API レベルが 14 以上(通常は、build.gradle の「minSdkVersion」で指定します)であれば、今後リリースされるバージョン 10.2.0 にアップグレードしてもバージョニングの問題は発生しません。しかし、API レベル 14 以下をサポートしているアプリの場合、ビルド時に次のようなエラーが表示されます。