doroidpanic.com

Redisコマンド覚書-DEL (redis-cli & owlient-phpredis)

DEL

指定したキーの値を削除して、削除したキーの数が戻り値

DEL redis-cli

[sourcecode language=”bash”]
redis 127.0.0.1:6379>set key01 1
OK
redis 127.0.0.1:6379>del key01
(integer) 1
[/sourcecode]

DEL owlient-phpredis

[sourcecode language=”bash”]
$redis = new Redis();
$redis->connect(‘localhost’, 6379);
echo $redis->del(‘key_01’);
[/sourcecode]

Redisコマンド覚書-EXISTS (redis-cli & owlient-phpredis)

EXISTS

指定したキー値が存在するかチェックして、存在する場合1、しないばあい0を返す。

EXISTS redis-cli

[sourcecode language=”bash”]
redis 127.0.0.1:6379>exists key01
(integer) 0
redis 127.0.0.1:6379>set key01 1
OK
redis 127.0.0.1:6379>exists key01
(integer) 1
[/sourcecode]

EXISTS owlient-phpredis

[sourcecode language=”bash”]
$redis = new Redis();
$redis->connect(‘localhost’, 6379);
echo $redis->exists(‘key_01’);
[/sourcecode]

RedisをさくらのVPSにインストール (owlient-phpredis)

RedisをさくらのVPSにインストールしてみました。

OSはFedora release 16です。

バージョンは2.4.16で、ソースからインストールします。

wget http://redis.googlecode.com/files/redis-2.4.16.tar.gz
tar zxvf redis-2.4.16.tar.gz
cd redis-2.4.16
make
make install


次にredisをポート6379でサーバーとして起動するように設定します。
redisはメモリーからファイルへの書き出しも行うので、ファイルの保存先も作成します。

mkdir /var/redis/
mkdir /var/log/redis/
cp redis-2.4.16/utils/redis_init_script /etc/init.d/redis
cp redis-2.4.16/redis.conf /etc/redis/6379.conf


次にコピーしたredisサーバーの設定ファイルを修正します。

daemonize no
↓
daemonize yes 

pidfile /var/run/redis.pid
↓
pidfile /var/run/redis_6379.pid

logfile stdout
↓
logfile /var/log/redis/redis6379.log

dir ./
↓
dir /var/redis/


redisをサービスとして起動します。

/etc/rc.d/init.d/redis stop


redisのコマンドラインインターフェースが用意されているので実行してみます。
今回は認証は行っていないので、そのままログインできます。

redis-cli 
redis 127.0.0.1:6379> 
redis 127.0.0.1:6379> 
redis 127.0.0.1:6379>