Category Archives

55 Articles

Other

レンタルサーバーのDB(MySQL)がどれくらいちがうのか?SAKURAインターネットとロリポップ

Posted by dowell on

ロリポップのデーターベース重すぎ。。
と思ったので、同じ金額でぜんぜんましなさくらインターネットのデータベースサーバーを比べて見ました。
書いちゃいけないことがあれば、指摘してください。
適当に選んだDBサーバーの結果なので、感覚値としてみてください。


結果としては、sakuraにしておこうって感じでした。

SAKURAインターネットのDBサーバー(MySQL)

契約はレンタルサーバーのスタンダートプランで、DBサーバーは「mysql481.db.sakura.ne.jp」でした。
6/10の時点でMySQL サーバの稼働時間は162日で、簡単にこんな感じでした。

  • トラフィック:受信5,469 GiB
  • トラフィック:送信20 TiB
  • 最大同時接続数:301
  • クエリ合計:4,197M
  • クエリ合計/時:1.08M
  • クエリ合計/分:17.98k
  • クエリ合計/秒:299.71


さくらインターネットのDBサーバーのクエリキャッシュ設定

[code language=”bash”]
SHOW VARIABLES LIKE ‘query_cache_%’

Variable_name Value
query_cache_limit 4194304
query_cache_min_res_unit 4096
query_cache_size 402653184
query_cache_type ON
query_cache_wlock_invalidate OFF
[/code]

さくらインターネットのDBサーバーのコミット設定
ロリポップのDBも同じ設定でした。

[code language=”bash”]
SHOW VARIABLES LIKE ‘innodb_flush_log_at_trx_commit%’

Variable_name Value
innodb_flush_log_at_trx_commit 1
[/code]

さくらインターネットのDBサーバーのコネクション設定
ロリポップよりMaxが多い

[code language=”bash”]
SHOW VARIABLES LIKE ‘%connections%’

Variable_name Value
max_connections 300
max_user_connections 30
[/code]

さくらインターネットのDBサーバーのバッファプール設定
ロリポップが12GBに対して、さくらは40GB。

[code language=”bash”]
SHOW VARIABLES LIKE "innodb_buffer%"

Variable_name Value
innodb_buffer_pool_instances 1
innodb_buffer_pool_size 42949672960
[/code]

ロリポは契約延長なしでいきます。

ロリポップのDBサーバー

[code language=”bash”]
SHOW VARIABLES LIKE ‘query_cache_%’

Variable_name Value
query_cache_limit 134217728
query_cache_min_res_unit 4096
query_cache_size 1073741824
query_cache_type ON
query_cache_wlock_invalidate OFF
[/code]


[code language=”bash”]
SHOW VARIABLES LIKE ‘innodb_flush_log_at_trx_commit%’

Variable_name Value
innodb_flush_log_at_trx_commit 1
[/code]



[code language=”bash”]
SHOW VARIABLES LIKE ‘%connections%’

Variable_name Value
max_connections 256
max_user_connections 30
[/code]

[code language=”bash”]
SHOW VARIABLES LIKE "innodb_buffer%"

Variable_name Value
innodb_buffer_pool_dump_at_shutdown ON
innodb_buffer_pool_dump_now OFF
innodb_buffer_pool_filename ib_buffer_pool
innodb_buffer_pool_instances 8
innodb_buffer_pool_load_abort OFF
innodb_buffer_pool_load_at_startup ON
innodb_buffer_pool_load_now OFF
innodb_buffer_pool_size 12884901888
[/code]

Other

Bing Translator APIを使いたいけどAppIDってどれか分かりにくい。(client_idとclient_secretってどれ?)

Posted by dowell on

アカウント情報のページにプライマリ アカウント キー顧客 IDとかあって翻訳具合が微妙で分かりにくい。

自分ほど英語読めないと顧客 ID=client idだけどOAuthを通らない。

開発者のタブにはクライアント ID顧客の秘密があってどうやら

[クライアント ID]=[client_id]
[顧客の秘密]=[client_secret]

でOKでした。

bing

Other

IPアドレスチェックツールからページランク、ポート開放確認ツールなどWEB系ツールまとめ

Posted by dowell on

IPアドレスチェックツールからページランク、ポート開放確認ツールなどWEB系ツールまとめ!!

自分が良く使うのでIPチェックツールやページランク取得ツール、Whois情報取得などWEB系のツールをまとめました。


2014/03 いたずらが多いので、LinuxのCUIでのIP確認ツールのみ公開しています。

Linux コマンドラインでのグローバルIPを確認


wget -q http://doroidpanic.com/webtools/ip/ -O –

上記のコマンドはアクセス元IPアドレスを表示するだけのページへアクセスし、標準出力にIPアドレスを表示します。

  • IPアドレス確認ツール
  • ポートチェックツール
  • Linux CUI IP確認ツール
  • Whois情報取得ツール
  • ページランク取得
Other

PayPalのPayPal Express Checkoutを使ってみた-サンドボックスの設定からPHPソースまでその1

Posted by dowell on

PayPal決済のExpressCheckoutをPHPで実装するときのメモ

PayPalのエクスプレスチェックアウトとはECサイトなどからPayPalのサイトを経由してPayPalのクレジットカード決済を利用するための仕組み。


PayPalのサイトより


エクスプレス チェックアウトは、PayPalアカウントへ事前に登録したクレジットカード番号や配送先情報を使用して決済をおこないます。そのため、購入者はクレジットカード情報を入力することなく、PayPalアカウントにログインし、シンプルな確認および承認作業をおこなうだけで、決済を完了できます。スムーズな決済フローで、かご落ち率の減少に貢献します。

PayPalにはサンドボックスというテスト環境が用意されているのでまずは、サンドボックすのアカウントをさくせいします。

サンドボックスのアカウントが作成できたら、PayPalのサンドボックスへログインして、Test Accountsを作成します。

アカウントはAccount TypeでBuyer(買い手)、Seller(売り手)を作ることが出来きます。
とりあえず、WEBサイトに組み込んでの決済なので、Website Payments Pro以外の2アカウントがあれば、OKです。

  • Country:国
  • Account Type:ユーザーのタイプ
  • Login Email:ログイン用メルアド
  • Password:パス
  • Add Credit Card:架空のクレジットカード
  • Add Bank Account:架空の銀行口座が設定
  • Account Balance:PayPal口座の残高
  • Notes:メモなので、適当に。



PayPalのテストアカウントができたら、次はソースコードです。
PayPalにはASPやPHP、JAVAなどのソースが公開されていますが、今回はintegrationwizardでPHPのソースコードを作成します。

integrationwizardへアクセスして、ウィザードにしたがってソースを作成していきます。

https://www.paypal-labs.com/integrationwizard/ecpaypal/main.php

今日のところは、ここまでで、くわしくは続きで書きます。