スマートフォン&モバイルEXPOに行ってきました。

スマートフォン&モバイルEXPOに行ってきました。
東京ビックサイトで行われる、スマートフォンやモバイルに関する、ソリューションやサービスが一堂に出展する専門展で
同時開催で「データストレージEXPO」「情報セキュリティEXPO[春]」「クラウドコンピューティングEXPO[春]」なども同時に行われていました。

スマートフォン&モバイルEXPO招待券

NTT DOCOMOなど、様々な企業が出展していました。
スマートフォン&モバイルEXPO_NTT_DOCOMO
ドコモはみずほ銀行とリリースした『おうちのおかね』アプリのブースがありました。
公共料金の支払いや家賃の支払いなど、家計管理のイロハを教えてくれる本のARアプリ
スマートフォン&モバイルEXPO_NTT_DOCOMO_Mobile

日産の電気自動車「LEAF」も「iPad」との連携を紹介していました。
次世代ナビゲーションアプリによる電気自動車とiPadの連携デモで
CAN情報を車からiPadに送り、iPadはゼンリンのルート情報などを取得することで
現在地周辺の充電施設の案内や車両情報を元に、充電施設へのナビゲートを行ってくれるとのことです。
CMでやっている、iPhoneで車の鍵をロックしているのの関連のようです。
スマートフォン&モバイルEXPO_ipad_leaf

一部マニアに人気のSlingBoxも出展していました。
フルセグ放送を自分の家からストリーミング配信するようなもので
Android端末などからアプリを通じてアクセスして、視聴します。
昔Sonyから出ていた、ロケフリの進化版です。
ちょっとほしいのですが、遊びにしては3円代はちょっと高い。。。。
ブースでは3000円割引のクーポンが配られていました。
スマートフォン&モバイルEXPO_SlingBox

マウスコンピュータはタブレットを主に展示していました。
Android3.X系かと思いましたが、残念ながら2.X系でした。
使い慣れたインターフェースですが、やはり3系のほうが大画面に適したインターフェースなのでちょっと残念。
他にもWindows7搭載のタブレットもありましたが、モバイルとして考えるとちょっと現行のWindowsでは厳しいと思います。
スマートフォン&モバイルEXPO_MouseComputer

意外と知られていない大手のアカマイテクノロジーズ合同会社も出展していました。

「インターネットの現状 2011年第2四半期レポート アジア太平洋地域」という資料をもらいました。
トラフィックの詳細リポートで、攻撃トラフィックの上位レポートや世界各国のピーク時の平均接続速度のレポートが面白いです。

平均接続速度は上位を「日本」「韓国」が独占しており、日本の57都市がエントリーされ、韓国もそれに続く数がエントリーされています。
くしくも、1位は2位は韓国に奪われましたが、3位の東海(42.3Mbps)は1位の馬山(44.4Mbps)に僅差まで迫っています。
50位の函館でも28.8Mbpsなので、気にしたことはありませんでしたが、表にしてみると日本はかなりはやいと感じました。
スマートフォン&モバイルEXPO_Akamai Technologies

海外旅行に最適なローミング可能な携帯、最近は海外でのパケット定額プランを各社用意していますが
それでも1日3000円ほどと、国内を考えると安くは無いです。
AndroidやiPhoneなどのスマートフォンは通信してナンボですので、悩ましい部分でした。
この、INTER COMMUNICATIONSのWi-Fiレンタルは海外で1日1280円からという格安の料金プランです。
USBタイプや5台まで接続できるWiFiルータタイプを用意しており各国際空港に受渡カウンターがあるので海外にいくときは良いですね。
スマートフォン&モバイルEXPO_WiFi

最後に、Yahooのリスティング広告も出展していて、ノベルティーで時計をもらいました。
スマートフォン&モバイルEXPO_Yahoo.co.jp_clock_ヤフー時計