Redisコマンド覚書-EXISTS (redis-cli & owlient-phpredis)

EXISTS

指定したキー値が存在するかチェックして、存在する場合1、しないばあい0を返す。

EXISTS redis-cli

redis 127.0.0.1:6379>exists key01
(integer) 0
redis 127.0.0.1:6379>set key01 1
OK
redis 127.0.0.1:6379>exists key01
(integer) 1

EXISTS owlient-phpredis

$redis = new Redis();
$redis->connect('localhost', 6379);
echo $redis->exists('key_01');

IPアドレスチェックツールからページランク、ポート開放確認ツールなどWEB系ツールまとめ

IPアドレスチェックツールからページランク、ポート開放確認ツールなどWEB系ツールまとめ!!

自分が良く使うのでIPチェックツールやページランク取得ツール、Whois情報取得などWEB系のツールをまとめました。


2014/03 いたずらが多いので、LinuxのCUIでのIP確認ツールのみ公開しています。

Linux コマンドラインでのグローバルIPを確認


wget -q http://doroidpanic.com/webtools/ip/ -O –

上記のコマンドはアクセス元IPアドレスを表示するだけのページへアクセスし、標準出力にIPアドレスを表示します。

  • IPアドレス確認ツール
  • ポートチェックツール
  • Linux CUI IP確認ツール
  • Whois情報取得ツール
  • ページランク取得

CentOS5.6のphp53でPearは使えない。

CentOS6もやっとリリースされたけど、タイミング的に一足遅かったので5.6で構築した際の話。

CentOSの安定性追求を考えると仕方ないけど、さすがにPHP5.1系は厳しい
phpmyadminも5.1対応の2系のダウンロードリンク消えました。。
それもあって、前みたいにremiとepelを設定しようかと思ったら
追加のレポなしで、「php53」がインストールできた。

まずは既存の5.1を削除。

yum remove php php-*

次に5.3系をいろいろ入れる。

yum install php53 php53-devel php53-mbstring php53-mysql

簡単に5.3が使えるようになった。
んで、Apche、Mysqlを入れた後、SmartyをセットアップしてPearでいろいろ入れようとしたら
「pear list」だけでPEARがやたらとNoticeとかWARNINGを出してくるので、見てみると構文の問題みたい
参照を渡す時の&の使い方がよくないとか、いろいろ文句言ってくる。

なんと、php-pearはphp53には対応してないみたい。
でもPearでDBとかZipを使いたかったけど、インストールできない。
Pearのバージョンをあげようとしても、エラーがでるので無理やりPearをアップデートしてみる。

pear upgrade --force Archive_Tar
pear upgrade --force Console_Getopt
pear upgrade PEAR

Pearのアップデートはうまくいったけど、エラーが出まくって気持ち悪い。。
結局DBのインストールもできなかったので、phpを5.1に戻しました。

Androidマーケットの情報をPHPでとってくる。(追加)

Androidマーケットの情報をPHPで取得

意外と興味を持ってる人が多いので、ソースを簡単に説明
概要などはこちら→PHPからマーケットにアクセスするAPI
まず、どんな物かというと、これらの便利なPHPがあります。

  • local.php
    アカウント情報
  • market.proto.php
    マーケットのデータを整形
  • MarketSession.php
    マーケットとの通信を確立
  • protocolbuffers.inc.php
    これも通信系

MarketSessionとlocal.phpの修正

編集の必要があるのは、local.phpとMarketSession.phpを修正します。
local.phpにはアカウントを設定して、MarketSession.phpの修正は過去の記事を見てください。
ANDROID_DEVICEIDは適当でもよさそうですが、一応端末のデバイスIDを記載しました。

検索したら、画像と情報を一覧表示する様にしたいので、こんな感じにGETの値を取得して詳細検索を行うようにします。

include("MarketLib/local.php");
include("MarketLib/protocolbuffers.inc.php");
include("MarketLib/market.proto.php");
include("MarketLib/MarketSession.php");
$sQuery	 = $_POST["search"] ? $_POST["search"] : "";
$session = new MarketSession();
$session -› login( GOOGLE_EMAIL , GOOGLE_PASSWD );
$session -› setAndroidId( ANDROID_DEVICEID );
$oAppReq = new AppsRequest();
$oAppReq -› setQuery($sQuery);
$oAppReq -› setStartIndex($nStart);
$oAppReq -› setEntriesCount($nListNum);
$oAppReq -› setWithExtendedInfo(true);	//詳細検索する
$oAppReq-› setOrderType(AppsRequest_OrderType::NONE);
$oAppReq-› setViewType(AppsRequest_ViewType::ALL);
$reqGroup = new Request_RequestGroup();
$reqGroup -›setAppsRequest($oAppReq);
$response = $session-›execute($reqGroup);
$groups = $response-›getResponsegroupArray();

次に取得したデータ分ループさせる。

//マーケットの一覧データを一個一個解析
foreach ($groups as $rg)
{
 $appsResponse = $rg-›getAppsResponse();
 $apps = $appsResponse-›getAppArray();
 //ココが個々のアプリループです。
 foreach ($apps as $app)
 {
  $sIcon = AppIcon( $app-›getId() );
  $oAppExtend = $app-›getExtendedinfo();
  echo "‹img src='".$sIcon."'›";
  echo $app-›getTitle();
  echo $app-›getId();
  echo $app-›getPackageName();
  echo $app-›getVersion();
  echo $app-›getCreator();
  echo $app-›getPriceCurrency();
  echo $app-›getPrice();
  echo $app-›getPriceMicros();
  echo $oAppExtend->getPromoText();
  echo $oAppExtend->getDescription();
  echo "<br />";
  }
}
//画像取得
function AppIcon($p_AppId)
{
 global $session;
 $savepath = "/var/www/html/icon/"
 $session = new MarketSession();
 $session-&#155;login(GOOGLE_EMAIL, GOOGLE_PASSWD);
 $session-&#155;setAndroidId(ANDROID_DEVICEID);
 $gir = new GetImageRequest();
 $gir-&#155;setImageUsage(GetImageRequest_AppImageUsage::ICON);
 $gir-&#155;setAppId($p_AppId);
 $gir-&#155;setImageId(1);
 $reqGroup = new Request_RequestGroup();
 $reqGroup-&#155;setImageRequest($gir);
 $response = $session-&#155;execute($reqGroup);
 $groups = $response-&#155;getResponsegroupArray();
 foreach ($groups as $rg)
 {
  $imageResponse = $rg-&#155;getImageResponse();
  $imgpath = savepath.$p_AppId.".png";
  file_put_contents(imgpath, $imageResponse-&#155;getImageData());
 }
 return $imgpath;
}

後は適当にFormを用意すれば、マーケットの情報を表示できます。
このAPIかは分かりませんが、いくつかアクセスする度にマーケットの情報を引っ張っている
アプリ紹介サイト?もありました。