CentOS5.5でPHPの最新版(5.3)をインストール

脆弱性対策としてPHPの5.3をインストールする必要が出た。

CenstOSだから、最新はきついと思いながら調べたらレポジトリ追加でなんとかなった。

remiというレポジトリをどうやら追加しておこなう。
ココではないけど、MySQLの使ってるので、MySQLもいっしょにアップデートの必要があるらしい。

テストで違うサーバでやったら一回失敗して、mysqlが壊れて再インストールしましたw
大丈夫だと思うけど、mysqldumpでバックアップはしておきましょう。

yumに「epel」と「remi」を追加する。

#rpm -ivh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm
#rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm

常用しないように「epel」と「remi」の「enabled=0」を設定(なっているはず)

#vi /etc/yum.repos.d/epel.repo
#vi /etc/yum.repos.d/remi.repo

yumのオプションで「epel」と「remi」を有効にしてアップデート
phpだけだど、mysqlがらみでエラーがでるので、いっしょに。

#yum update --enablerepo=remi,epel php mysql mysql-server

完了。

# php -v
PHP 5.3.0 (cli) (built: Jul 19 2009 17:55:08)
Copyright (c) 1997-2009 The PHP Group
Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2009 Zend Technologies