doroidpanic.com

Ubuntu 10.04.3 LTSでAndroidのOSをビルド

AndroidのOSをビルドをしてみた。

マシンが余ったので、Ubuntu 10.04.3LTS(2.6.32-35-generic)をインストールしてAndroidのOSをビルドしてみた。
chromeOSのビルドをしたときもそうですが、yum、aptで育ったのでmakeは苦手です。
androidOSのビルドもrepoやgitは見よう見まねなところがあります。

Androidをビルドするマシンを準備

Android4.0のビルドは16GBのメモリを必要とか噂が出てますが、android2系と3系をとりあえずビルドして
エミュレータで動かしてみたいのが目的なので、PenDのメモリ2GマシンにUbuntu 10.04.3 LTSをUNetbootinを使ってUSBからインストールします。
GUIでは特に設定はせず、後でまとめてapt-getします。

AndroidOSビルドに必要なパッケージのインストール

何度もビルド中にエラーとなり調べると、-m32オプションがあるので、32bitライブラリも必要とのこと。
後になって足りなくなったりしたので、Androidビルドに必要なパッケージは重複してるかもしれません。

[sourcecode language=”bash”]
sudo apt-get install git-core gnupg flex bison gperf libsdl-dev libesd0-dev libwxgtk2.6-dev build-essential zip curl libncurses5-dev zlib1g-dev
sudo apt-get install libreadline5-dev
sudo apt-get install lib32z1-dev lib32ncurses5-dev
sudo add-apt-repository "deb http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ hardy multiverse"
sudo add-apt-repository "deb http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ hardy-updates multiverse"
sudo apt-get update
sudo apt-get install sun-java5-jdk
sudo apt-get install sun-java6-jdk
[/sourcecode]

gitやrepoの設定

何度もビルド中にエラーとなり調べると、-m32オプションがあるので、32bitライブラリも必要とのこと。
後になって足りなくなったりしたので、Androidビルドに必要なパッケージは重複してるかもしれません。

[sourcecode language=”bash”]
mkdir ~/bin
curl https://dl-ssl.google.com/dl/googlesource/git-repo/repo > ~/bin/repo
chmod a+x ~/bin/repo
[/sourcecode]

bashrcへ忘れずに書き込む

[sourcecode language=”bash”]
export PATH=$PATH:~/bin
[/sourcecode]

ava-1.5.0-sunでエラーが連発していたのでjava-6-sunへ切り替えました。

[sourcecode language=”bash”]
sudo update-alternatives –config java
There are 2 choices for the alternative java (providing /usr/bin/java).
Selection Path 優 Status
————————————————————
0 /usr/lib/jvm/java-6-sun/jre/bin/java 63 auto mode
1 /usr/lib/jvm/java-1.5.0-sun/jre/bin/java 53 manual mode
* 2 /usr/lib/jvm/java-6-sun/jre/bin/java 63 manual mode
[/sourcecode]

bashrcにも書いておきます。

[sourcecode language=”bash”]
export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-6-sun
export ANDROID_JAVA_HOME=$JAVA_HOME
export PATH=$JAVA_HOME/bin:$PATH
[/sourcecode]

メールアドレスとユーザ名を入力します。(何でも良い)

[sourcecode language=”bash”]
git config –global user.email "root@doroidpanic.com"
git config –global user.name "doroidpanic.com"
[/sourcecode]

Androidのソースを取得

Androidのソースを取得
repo initは時間もあるので、バージョン指定のタグをつけずに行ないます。

[sourcecode language=”bash”]
doroidpanic@localhost:~/doroidpanic$mkdir doroidpanic
doroidpanic@localhost:~/doroidpanic$cd doroidpanic
doroidpanic@localhost:~/doroidpanic$repo init -u https://android.googlesource.com/platform/manifest
doroidpanic@localhost:~/doroidpanic$repo sync -j4
remote: Counting objects: 15, done
remote: Finding sources: 100% (13/13)
remote: Getting sizes: 120% (6/5)
remote: Compressing objects: 100% (3/3)
remote: Total 13 (delta 2), reused 13 (delta 2)
Unpacking objects: 100% (13/13), done.
From https://android.googlesource.com/platform/prebuilt
* [new branch] eclair-passion-release -> aosp/eclair-passion-release
* [new branch] eclair-release -> aosp/eclair-release
* [new branch] eclair-sholes-release -> aosp/eclair-sholes-release

doroidpanic@localhost:~/doroidpanic$source build/envsetup.sh
including device/htc/passion/vendorsetup.sh
including device/samsung/crespo/vendorsetup.sh
including device/samsung/crespo4g/vendorsetup.sh
including sdk/bash_completion/adb.bash

doroidpanic@localhost:~/doroidpanic$ lunch generic-eng
============================================
PLATFORM_VERSION_CODENAME=AOSP
PLATFORM_VERSION=3.1.4.1.5.9.2.6.5
TARGET_PRODUCT=generic
TARGET_BUILD_VARIANT=eng
TARGET_SIMULATOR=false
TARGET_BUILD_TYPE=release
TARGET_BUILD_APPS=
TARGET_ARCH=arm
TARGET_ARCH_VARIANT=armv7-a
HOST_ARCH=x86
HOST_OS=linux
HOST_BUILD_TYPE=release
BUILD_ID=OPENMASTER
============================================

[/sourcecode]

指定してrepo initする人はこんな感じです。

[sourcecode language=”bash”]
repo init -u https://android.googlesource.com/platform/manifest -b android-2.3_r1
[/sourcecode]

また、なんどか試していると「期待してない token `newline’ のあたりにシンタックスエラー」と表示されたので、潔くrepoを削除して、やり直しました。
initするときに表示されたので、タグはこれらがあるみたいです。

[sourcecode language=”bash”]
* [new branch] android-1.6_r1 -> origin/android-1.6_r1
* [new branch] android-1.6_r1.1 -> origin/android-1.6_r1.1
* [new branch] android-1.6_r1.2 -> origin/android-1.6_r1.2
* [new branch] android-1.6_r1.3 -> origin/android-1.6_r1.3
* [new branch] android-1.6_r1.4 -> origin/android-1.6_r1.4
* [new branch] android-1.6_r1.5 -> origin/android-1.6_r1.5
* [new branch] android-1.6_r2 -> origin/android-1.6_r2
* [new branch] android-2.0.1_r1 -> origin/android-2.0.1_r1
* [new branch] android-2.0_r1 -> origin/android-2.0_r1
* [new branch] android-2.1_r1 -> origin/android-2.1_r1
* [new branch] android-2.1_r2 -> origin/android-2.1_r2
* [new branch] android-2.1_r2.1p -> origin/android-2.1_r2.1p
* [new branch] android-2.1_r2.1p2 -> origin/android-2.1_r2.1p2
* [new branch] android-2.1_r2.1s -> origin/android-2.1_r2.1s
* [new branch] android-2.2.1_r1 -> origin/android-2.2.1_r1
* [new branch] android-2.2.1_r2 -> origin/android-2.2.1_r2
* [new branch] android-2.2.2_r1 -> origin/android-2.2.2_r1
* [new branch] android-2.2_r1 -> origin/android-2.2_r1
* [new branch] android-2.2_r1.1 -> origin/android-2.2_r1.1
* [new branch] android-2.2_r1.2 -> origin/android-2.2_r1.2
* [new branch] android-2.2_r1.3 -> origin/android-2.2_r1.3
* [new branch] android-2.3.1_r1 -> origin/android-2.3.1_r1
* [new branch] android-2.3.2_r1 -> origin/android-2.3.2_r1
* [new branch] android-2.3.3_r1 -> origin/android-2.3.3_r1
* [new branch] android-2.3.3_r1.1 -> origin/android-2.3.3_r1.1
* [new branch] android-2.3.4_r0.9 -> origin/android-2.3.4_r0.9
* [new branch] android-2.3.4_r1 -> origin/android-2.3.4_r1
* [new branch] android-2.3.5_r1 -> origin/android-2.3.5_r1
* [new branch] android-2.3.6_r0.9 -> origin/android-2.3.6_r0.9
* [new branch] android-2.3.6_r1 -> origin/android-2.3.6_r1
* [new branch] android-2.3.7_r1 -> origin/android-2.3.7_r1
* [new branch] android-2.3_r1 -> origin/android-2.3_r1
[/sourcecode]

AndroidOSをビルド

Androidのビルドを開始してみる。
仮想CPUを入れれば4スレッドなので、j4のオプションを付けてみる。

[sourcecode language=”bash”]
make -j4
[/sourcecode]

まだまだ終わりません、オプション-j4は利いてそうですがPenDの2Gでは荷が重いようです。
そろそろVAIO TypeZをデュアルブートでubuntuインストールしておこうかな。。

[sourcecode language=”bash”]
16519 doroidpanic 20 0 271m 11m 5848 R 13.8 0.6 0:00.42 cc1
16553 doroidpanic 20 0 270m 9660 5456 R 4.9 0.5 0:00.15 cc1
16555 doroidpanic 20 0 270m 9372 5384 R 4.6 0.5 0:00.14 cc1
11478 doroidpanic 20 0 156m 148m 988 S 2.0 7.4 0:41.91 make
16564 doroidpanic 20 0 269m 5500 2848 R 1.6 0.3 0:00.05 cc1
4 root 20 0 0 0 0 S 0.3 0.0 0:01.98 ksoftirqd/0
13505 root 20 0 19224 1376 1028 R 0.3 0.1 0:06.32 top
16516 doroidpanic 20 0 1952 608 520 S 0.3 0.0 0:00.01 arm-eabi-gcc
16551 doroidpanic 20 0 1952 608 520 S 0.3 0.0 0:00.01 arm-eabi-gcc
16554 doroidpanic 20 0 1952 608 520 S 0.3 0.0 0:00.01 arm-eabi-gcc
16563 doroidpanic 20 0 1952 608 520 S 0.3 0.0 0:00.01 arm-eabi-gcc
[/sourcecode]

ISW11HT(AU版HTC EVO WiMAX)を購入

ISW11T(AU版HTC EVO WiMAX)を購入が安かったので買いました。

2chでISW11Tが安いとの書き込みを見たので調べたところ
新規0円で回線を寝かせればISW11Tを月々550円で購入できることがわかった。

内容としては新規0円で購入してダブル定額で3Gにつながなければ
毎月割が2845円と大きいので月額が550円になる。

  • プランSSシンプル:980円(無料通話1000円)
  • ダブル定額:2100円
  • IS NET:315円
  • ユニバーサルサービス料:7円
  • WEBde請求書割引:-21円
  • 毎月割:マイナス2845円(2年間68280円)

MNPの場合は「一括0円+タブレット付き」でSUMSUNG Tab?となのるなぞのタブレットがつくプランもありましたが
MNPする回線がないので、

物欲.netさん
と新規0円の店を探しました。
しかしなかなか新規0円はなく、6万円といわれます。
いろいろ調べたことろ、このキャンペーンはヤマダ電機が行っているらしく、9月9日までの新規0円キャンペーンで
EVO出荷終了と新規0円+この550円のうわさで都内に在庫は皆無でした。
やっと見つけて購入してみましたが、ほんとに550円で回線を保持できるようです。

グローバルモデルでHTC製なのでカスタムファームとかいろいろ遊びたいとおもいます。

AndroidMarketアプリで該当するコンテンツはAndroidマーケットにありませんが出る。

Androidマーケットアプリで「すべてのゲーム」を選択したら
「該当するコンテンツはAndroidマーケットにありません。」と表示された。

該当するコンテンツはAndroidマーケットにありません。

全てのゲームなので無いはずはないので、Xperiaの設定の問題かと思ったけど
ノーマルのXperiaAcroでも同様の状態になったので、マーケットサーバ側のエラーかもしれない。

すべてのゲーム 該当するコンテンツはAndroidマーケットにありません。

その他の機種で試してみた。

  • Docomo Xperia Acro
    「すべてのゲーム」の「有料」「無料」が出ない。
  • Docomo GalaxyS
    「すべてのゲーム」の「有料」が出ない。
  • Docomo Xperia
    「新着」が出ない。
    • Googleが何か試してるのかもしれない。

XperiaSO-01BをAndroid2.3(Gingerbread)へのアップデート方法メモ

「XperiaSO-01BをAndroid2.3(Gingerbread)へアップデート」の通り、アップデートできました。

最初に言っておきます。
個人的メモですので、不具合等の責任はとれません。
あと、Docomoファームをいじったり、SPでテザったりは夢の中の話です。
XperiaSO-01BをAndroid2.3(Gingerbread)に出来た。

材料

2.3カスタム

今回導入したのは、2chでも有名なごろーさんカスタムなXperia2.3でX10版との違いはコチラ

  • Docomo化(SPモード配信と絵文字に対応)
  • 日本語フォント(モトヤマルベリ3等幅) Xperia Arcと同様
  • Mobile Bravia Engine
  • GPS改善(衛星の掴みやすさ)
  • wi-fi改善(繋がりやすさ)
  • Xrecover改善(USBストレージ接続関連)

流れ的なもの

流れとしては、まずxRecoveryを使って、仮の2.3環境にXperiaをします。
その後、2.3(GB)対応のxRecoveryにアップデートして、FlashToolでdocomo用ベースバンドに変換
あと、いつものSEUSで戻せなくなるそうなので、FlashToolでバックアップも事前にとります。

ファーム書き戻し

DOCOMO MULTITOUCH [2.0.1.B.0.19]を解凍したフォルダにuserdata.rarを解凍したファイルも追加して
FlashToolの「Advanced」から「Bundle Creation」を選んで解凍したフォルダを選択する。
ファイルを全て選択して右側の「Firmware content:」に移して 「Device:XperiaSO-01B」、「Version:2.0.1.B.019」、「Branding:docomo」と入力して、OKを押す。
「Finished bundle creation」と出ると完了で、firmwareフォルダに「XperiaSO-01B_2.0.1.B.019_docomo.ftf」が出来る。
これを使えば、DocomoRomに戻せる。

ファイル準備

prerooted_X10i_3.0.1.G.0.75.7zを7-zipで解凍して、「\sdcard\xrecovery\backup\」にフォルダごと保存。
xRecovery_0.3_GBready.zipはそのまま「\sdcard\xrecovery\backup\」に保存してください。

2.3へのアップデート

xRecoveryを起動したら、「Backup and restore」から「prerooted_X10i_3.0.1.G.0.75」を選択してリストア

XperiaSO-01B Android2.3(Gingerbread) xRecovery

完了したら、再起動はしないで「Factory reset (full wipe)」と「Wipe cache partition」
「Advanced Option」の「Wipe Dalvik Cache」「Wipe Battery Stats」を実行する。
その後、xRecoveryをインストールするので、「Install custom zip」から「Choose custom zip from sdcard」で
「xRecovery_0.3_GBready.zip」を選択してインストール

XperiaSO-01B Android2.3(Gingerbread) xRecovery Xperia二台

これで2.3+2.3対応xRecoveryにはなりました。
次にflashtoolでベースバンドを変更します。

ベースバンド更新

Xperiaの電源を切ってしばらく置いておく。
その間にPCでflashtoolを起動して、「flash」ボタンをクリックして一覧にある「x10i」を選択して右のファイルをすべて選択してOKをクリック

XperiaSO-01B Android2.3(Gingerbread) flashtool

Xperiaと接続する表示がでるので、電源OFFのXperiaの戻るボタン(←)を押しながらUSBケーブルでPCと接続する。
接続が上手くいくと、ファイルの書き換えが始まります。

Xperiaの戻るボタン(←)を押しながらUSBケーブルは失敗すると普通に起動してきて
flashtoolでERRと出るので、電源をOFFにしてやり直してください。

書き換えが終わると自分の場合はflashtoolの画面に「turn on Unknown Sources and Debugging」と出ました。
XperiaSO-01B Android2.3(Gingerbread) flashtool Debugging

完了!再起動

これで完了です。
XperiaをPCからはずして起動すれば言語選択画面になります。
※最初の起動はソニーエリクソンロゴで結構時間が掛かりました、しばらく待ちましょう。

XperiaSO-01BをAndroid2.3(Gingerbread)

その他

ADBドライバの問題でDDMSがXperiaを認識しなくなりました。
butsu-yoku.netに調査をお願いしてあります。

XperiaSO-01BをAndroid2.3(Gingerbread)へアップデート

XperiaSO-01BをAndroid2.3(Gingerbread)へアップデートしました。
友達と調べながら2.3へXperiaをアップデートしたので、スクリーンショットと写真は満載です。
いま2.3の使用感を確認してるので、詳細なアップデート方法などはおってメモします。

XperiaSO-01BをAndroid2.3(Gingerbread)

2.3へのアップデート当初は動作が重かったりしたのですが、しばらくたつと普通になりました。
SPモードアプリもインストールできて、メールも送れました。
カメラも2.1標準と同じ見た目で、標準テザもiPhoneからアクセスできました。(料金はまだ調べてません。。。)

2台同時作業後に、XperiaPlayと並べて見ました。
XperiaPlayはちょっと画面の明るさが暗いです。

XperiaSO-01B Android2.3アップデート

XperiaSO-01BをAndroid2.3にすると、DDMSが認識しなくなったので
Windows7とXPでドライバを確認中・・・・

スマートフォン&モバイルEXPOに行ってきました。

スマートフォン&モバイルEXPOに行ってきました。
東京ビックサイトで行われる、スマートフォンやモバイルに関する、ソリューションやサービスが一堂に出展する専門展で
同時開催で「データストレージEXPO」「情報セキュリティEXPO[春]」「クラウドコンピューティングEXPO[春]」なども同時に行われていました。

スマートフォン&モバイルEXPO招待券

NTT DOCOMOなど、様々な企業が出展していました。
スマートフォン&モバイルEXPO_NTT_DOCOMO
ドコモはみずほ銀行とリリースした『おうちのおかね』アプリのブースがありました。
公共料金の支払いや家賃の支払いなど、家計管理のイロハを教えてくれる本のARアプリ
スマートフォン&モバイルEXPO_NTT_DOCOMO_Mobile

日産の電気自動車「LEAF」も「iPad」との連携を紹介していました。
次世代ナビゲーションアプリによる電気自動車とiPadの連携デモで
CAN情報を車からiPadに送り、iPadはゼンリンのルート情報などを取得することで
現在地周辺の充電施設の案内や車両情報を元に、充電施設へのナビゲートを行ってくれるとのことです。
CMでやっている、iPhoneで車の鍵をロックしているのの関連のようです。
スマートフォン&モバイルEXPO_ipad_leaf

一部マニアに人気のSlingBoxも出展していました。
フルセグ放送を自分の家からストリーミング配信するようなもので
Android端末などからアプリを通じてアクセスして、視聴します。
昔Sonyから出ていた、ロケフリの進化版です。
ちょっとほしいのですが、遊びにしては3円代はちょっと高い。。。。
ブースでは3000円割引のクーポンが配られていました。
スマートフォン&モバイルEXPO_SlingBox

マウスコンピュータはタブレットを主に展示していました。
Android3.X系かと思いましたが、残念ながら2.X系でした。
使い慣れたインターフェースですが、やはり3系のほうが大画面に適したインターフェースなのでちょっと残念。
他にもWindows7搭載のタブレットもありましたが、モバイルとして考えるとちょっと現行のWindowsでは厳しいと思います。
スマートフォン&モバイルEXPO_MouseComputer

意外と知られていない大手のアカマイテクノロジーズ合同会社も出展していました。

「インターネットの現状 2011年第2四半期レポート アジア太平洋地域」という資料をもらいました。
トラフィックの詳細リポートで、攻撃トラフィックの上位レポートや世界各国のピーク時の平均接続速度のレポートが面白いです。

平均接続速度は上位を「日本」「韓国」が独占しており、日本の57都市がエントリーされ、韓国もそれに続く数がエントリーされています。
くしくも、1位は2位は韓国に奪われましたが、3位の東海(42.3Mbps)は1位の馬山(44.4Mbps)に僅差まで迫っています。
50位の函館でも28.8Mbpsなので、気にしたことはありませんでしたが、表にしてみると日本はかなりはやいと感じました。
スマートフォン&モバイルEXPO_Akamai Technologies

海外旅行に最適なローミング可能な携帯、最近は海外でのパケット定額プランを各社用意していますが
それでも1日3000円ほどと、国内を考えると安くは無いです。
AndroidやiPhoneなどのスマートフォンは通信してナンボですので、悩ましい部分でした。
この、INTER COMMUNICATIONSのWi-Fiレンタルは海外で1日1280円からという格安の料金プランです。
USBタイプや5台まで接続できるWiFiルータタイプを用意しており各国際空港に受渡カウンターがあるので海外にいくときは良いですね。
スマートフォン&モバイルEXPO_WiFi

最後に、Yahooのリスティング広告も出展していて、ノベルティーで時計をもらいました。
スマートフォン&モバイルEXPO_Yahoo.co.jp_clock_ヤフー時計

10in1マルチ充電USBケーブル購入

会社で充電する端末(Xperia初代、iPodTouch、3DS)がもともと多くて困っていたが
最近、XperiaPlayやiPhone4白など購入してもっと増えました。

そんなのときにgigazineでふざけたケーブルが紹介されたので購入しました。
2日ほどで届いたので、さっそく開封。

10in1USB

ふざけてるな~と思いながら見てみると
一番ほしい、Micro-USB Bタイプが無い。
そのかわり、PSPなどのミニBオスが2個ついている。
10in1_ERR_USB

早速購入もとの上海問屋へ連絡して、新しいのを送ってもらいました。

10in1_USB

通信は出来ませんが、充電ケーブルには困らなくなりました。

Xperia Playのアップデート

Xperia Playにアップデート通知がありました。

さっそくXperia Playをアップデートしてみます。
通知領域のアップデート通知をOKして、ダウンロード開始。

b-mobileのU300では時間が掛かりそうだったので
Xperia PlayをWifiに切り替えて実行したところ、さくっとダウンロード完了

確認画面が表示されるので、OKを押すと再起動します。

Xperia_Play_updata

しばらくすると、起動してきて
XperiaSO-01Bの2.1Xアップデートでもおなじみだった
アップデートしてますよ。画面が表示されます。

Xperia_Play_updata_reboot

しばらく見ていると完了。
Xperia_Play_updata_end

なにがアップデートされたのかとワクワクしながら確認。
カーネルバージョン「2.6.32.9-perf SEMCUser@SEMCHost#1」
Androidバージョン「2.3.2」
何も変っていない。。。
Xperia_Play_updata_version

どこが変ったのか?と思っていると
見知らぬアプリが増えている。
Xperia_Play_updata_BBC_iPlayer

BBC iPlayer??もしかして
このアプリのために再起動までしたのか?。。
名前からしてそれなりに予想はつきますが
もしかしたらすごいアンドロイドアプリかも知れないので起動してみる。
Xperia_Play_updata_BBC_iPlayer_exec

さすがSonyEricssonは裏切りませんでした。
予想通りの「イギリス放送協会」アプリです。
これで世界のニュースにアクセスするのが便利になりました。
「bbc iplayer」でググルと「proxy」がついて来ます。
プロクシをいじってまで特定のニュースが欲しくなることは無いと思うので
BBC iPlayerについては、そっとしておこうと思います。

他には何かアップデートで変っていないか?
XperiaPlayを適当にいじってみましたが、今のところ変ったところはありませんでした。

ソニーエリクソンの英国サイトをみましたが
XperiaPlayのアップデートはわかりませんでした。
英語が中学生レベルだからかも知れません。

※Xperia Playは技適マークがないので、国内でWi-Fiは使ってはダメです、その辺は夢の話です。

Android2.3と3.0のイースターエッグ(Easter egg)

Microsoft Excelなどでゲームが出来たりと
最近減ってきましたが、遊び心満点の隠し機能イースターエッグ(Easter egg)
それがAndroid3.0なMOTOROLA XOOMレビューで紹介したXoomに
イースターエッグ(Easter egg)が存在しました。

Androidバージョンを連打するとHoneyCombのハチが表示されます。

Xoom_Easter_egg

もしかして・・と思って
XperiaPlayで試したら出ました。
Androidバージョンを連打するとXperiaPlayでもイースターエッグ(Easter egg)が存在しました!
Gingerbread君?とドロイド君?のちょっと怖い画が表示されます。
なぜか周りの人はガイコツ?Googleのセンスが分かりません。
多分XperiaPlayに限ったことではないと思いますが、

Xperia_Play_Easter_egg

ついでにXperia SO-01BとGALAXY S SC-02Bで試しましたが出ませんでした。
Android2.3移行のネタなのでしょうか?

悩んでも仕方が無いので、Nexus Sでチャレンジ!
Nexus_S_Easter_egg
でました、なぞの怖い画が。

やっぱりAndroid2.3からのようです。
ちなみに、アンドロイド2.3系は怖い画をタップすると「Zombie art by Jack Larson」と表示されます。
作者?でしょうか?
アンドロイド3系は「REZZZZZZZZ….」と表示されます、もっと意味不明。
Zombie art by Jack Larson

Android3.0なMOTOROLA XOOMレビュー

MOTOROLAのXOOMが欲しい。

でも端末代はAuショップごとに違いますが、大体6万円前後。
輸入してるだけなのに高い!

と思っていると、銀座のAUショップで
「auひかり契約」+「Wi-Fi WALKER DATA05」のセットでXoomを買うと
端末台が0円になるキャンペーンをやってました。

Xoom_2

その契約の場合、通信費がフルサポートプランで3150円かかりますが
Wi-Fi WALKERデビュー割で最大13カ月間1,050円割引となるので
「Wi-Fi WALKER DATA05」は2年間しっかりと眠てもらって
最低金額のランニングでXoomを手に入れることが出来きた。

ネットブックとVAIO typeZのおかげで?
タブレットの存在意義が問われ、ipadを1ヶ月で手放した経験がありますが
Android3.0とMotorolaというところに惹かれてしまいました。

NVIDIAのTegra2はLifeTouch NOTEで速さは実感してましたが、ほんとにサクサクです。

Gmailやマーケットも広い画面を使って、見やすいインターフェースに変わってます。
マーケットはPCよりぜんぜん良いです。

Xoom_3

タブレット用に作られてるだけあって、ボタン配置も今までの1、2系とは異なります。
慣れるまではちょっと戸惑いました。

Android3.0はいろんなエフェクトがカッコいい。

Xoom_1

ちなみにXoomでサイトをみたらPC表示されたので
Xoomのユーザエージェントをチェックしてみた。

MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M

Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 3.0.1; ja-jp; MZ604 Build/H.6.2-20) AppleWebKit/534.13 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Safari/534.13

Nexus Oneのユーザーエージェントは「Mobile」の文字があったがXoomのユーザーエージェントには無い。
このブログはmobilepressを使っているので、「Mobile」が無いのでPC扱いされた。

Nexus One

Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3; ja-jp; Nexus One Build/FRF91) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1

これだけ大きい画面なので、PC用でいい気がする。